1. ホーム
  2. 主な職種:一般記者職
  3. 先輩インタビュー:鎌野 智樹

世界的なスポーツイベントを任される力をつけたい

運動部鎌野 智樹

2018年入社/文学部卒
社歴
2018年4月~/本社編集局運動部
鎌野 智樹:プロフィール写真

先輩インタビュー

Q 入社の決め手は何でしたか?

小さい頃から記者の仕事に憧れがあり、興味を抱いていました。そして、就職活動をしていく中で、人に会って話を聞くこと、聞いたことを文章にして伝えることの面白さを実感しました。特に時事通信では、若いうちから一人で担当を任され、新聞の1面に載るようなニュースを取材できることから入社を決めました。また、一般紙の中でスポーツ分野に力を入れている会社だったことも志望した理由です。採用試験で、最終面接も和やかな雰囲気で進めて頂けたことも決め手になりました。

Q 現在の主な仕事は何ですか?

プロ野球のロッテを担当しています。シーズン中の試合はもちろん、オフのストーブリーグ、キャンプなどを含めた1年間、担当球団から目が離せません。試合のある日は、まず練習をチェックし、ゲーム前に監督や選手を取材。試合後はその日の原稿に必要なことを聞いたら、素早く出稿します。プロ野球は特に担当が明確なため、その分責任も大きいです。入社2年目から担当を持ち、スポーツ紙のベテラン記者とも仕事をしています。特に、オフ期間の選手の移籍、人事などではニュースを抜かれて悔しい思いをすることも多いですが、貴重な経験をさせてもらっていると思います。「会社で一番チームに詳しいのは自分だ」という気持ちで日々取材しています。

Q 印象深かった仕事は何ですか?

担当しているロッテの、昨シーズンの最終戦です。その試合で敗れたロッテはクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなった一方で、勝った西武のリーグ優勝が決まりました。1試合の結果で両チームの明暗がはっきりと分かれる瞬間を現場で目にしました。また、記者として重要な試合に向けた準備の大切さを改めて学びました。西武を担当する先輩は優勝した瞬間に流す原稿を入念に準備し、素早く配信していました。プロ野球に限らず、スポーツでは数字や条件を前もって確認しておくことが重要で、地道に準備をしておくことの大切さを学びました。

Q おおまかな一日のスケジュールを教えてください

鎌野 智樹さんの一日

10:00
起床。
朝食を摂るなどのんびりと過ごす。
13:00
出社。
通勤は電車、バスで約1時間。
14:00
球場着。
試合前の練習をチェックし、練習後に選手などを取材。
16:00
休憩。
食事を摂る。
17:00
試合への準備。
試合に向け、データの整理や予定原稿の作成を行う。
18:00
試合開始。
スコアを記入しながら試合を見る。適宜、試合中に出す原稿を作成。試合後の原稿についてもデスクと相談し、書ける箇所は準備しておく。
21:30
試合終了後、監督や選手を取材。なるべく早めに原稿に取りかかり、送稿する。
23:00
退勤。
原稿が流れたことを確認し、球場を出る。

Q 休日の過ごし方を教えてください

休みの日も好きなスポーツを見ていることが多いです。野球の他、サッカー(Jリーグ、海外リーグ)をよく見ています。また、世界各国の料理を食べに行くことが好きです。特に好きなのはメキシコ料理。ほどよい辛さに食欲をそそられます。最近はウズベキスタン料理を友人と食べに行きました。あとは、たっぷり寝て体力回復に努めています。